スバルR2用IGNITOR・SBR-3お取り付け手順


※デスビを車両に搭載したまま取り付け作業を行う場合は必ずバッテリーのマイナスケーブルを外して行いましょう。
※デスビを車両から外す場合にはクランクプーリーの切り欠きを見て1番をTDC(圧縮上死点)位置にあわせて外すのが基本です。


デスビキャップ、ローターを外すとポイントが見えます。






ポイント、コンデンサー、ステーショナリープレート(ポイントがついていた台座)、配線取り出しカプラー等、すべて取り払ってしまいます。





下の写真の角度でIGNITORプレートをなんとなくあてがってみます。





IGNITORプレートを取付ける前にアースコードの準備をします。なんでもいので電線を一本用意(長さはバッテリーに届く長さ)し、一方に端子をつけておきます。
コンデンサーと一体になったクランプホルダーをIGNITORプレートのネジ穴に共締めする形でネジを止めますが、この時同封の新品のネジを使用し、クランプの外側にアースコードの端子がネジの頭と接触するように共締めしてネジを締めます。このアースコードの反対側の端子をバッテリーのマイナス端子に繋げ、IGNITORのベースプレートとバッテリーマイナス端子が完全に0オームで接続されるように設置します。 (コンデンサーは物理的に取り付けますが配線は繋げずに電気的には無効にします。)






反対側のクランプホルダーは付属のナットを内側にあて、ネジ止めします。






こんな感じになります。






付属のゴム製のグロメットを溝にはめこみ、配線をこれに通してデスビ本体から出します。配線がデスビシャフトに絶対に干渉しないようご注意下さい。






ローターを付けて完成です。このキットはカムの起伏をセンサーが直接読んで行くタイプのモジュールですのでマグネットスリーブは使用しません




配線図はこちら

トップページへ戻る