ミューワンオートラボオリジナル・ホンダS600/S800用IGNITOR HS-3 お取り付け手順


最初にご確認頂きたいのがデスビの形状で、S600/S800用デスビは排ガス対策の前後で仕様が大きく変わっており、当店作製のIgnitorキットHS-3もそれぞれによって仕様を変更しておりますのでご注意下さい。

S600の排ガス対策前のデスビはデスビキャップを止めるクランプのネジの中心からデスビを固定するネジ穴の中心との距離がおおよそ15〜16ミリです。




これに対し、S800に多い排ガス規制後のデスビはこの距離が27〜28ミリもあり、それだけデスビキャップ(の内部の4つの電極)が遅角方向に逃げていることになります。これは角度にするとおよそ15度、クランクシャフト上では30度近く逃げていることになります。




この違いにより、デスビ内部でのIgnitorモジュールの設置位置も、規制前のデスビと規制後のデスビは15度程位置を変えて設置することになります。
下の写真は規制後のS800用デスビ用のモジュール位置にネジが立っています。規制前のデスビに取付ける場合は黄色い丸の位置にモジュールを設置します。基本的にご注文頂きます際にS800用とご連絡を受けた際には規制後の穴位置にIgnitorモジュールを設置し、S600用とご連絡頂いた場合には規制前の位置でモジュールを設置して御送りしておりますが、稀にこの限りでない場合がございます。上記のように、お車のデスビのキャップをとめるクランプ位置とデスビ固定ネジとの距離をご確認頂き、必用な場合はモジューを移動してご使用下さい。

設置位置が間違ったままエンジンをかけますと、Ignitorモジュールは短時間で破損します(保証適用外となります)。大きくずれた点火時期を無理に合わせようとせず、適正なモジュール位置でご使用下さい。



もしお乗りのS600/S800で点火タイミングが全然あわないというような場合、当店まで御連絡下されば対策を講じます。なにぶんスペック違いのデスビが多いのでトライ&エラーの繰り返しでのデーター収集となります。どうぞご理解とご協力をお願い申し上げます。


以下、IgnitorキットHS-3取付け手順です。




1.本作業ではタイミングライトによる点火タイミングのチェックと調整が必用になります。IGNITORを取り付ける前にポイントの状態で現状での点火タイミングを必ずチェックし、どの位の点火タイミングに設定されているか記録しておいて下さい。


2.デスビキャップ、ローターを外し、ポイントが見える状態にします。





3.ポイント、コンデンサーを取り外します。





4.ステーショナリープレート(ポイントプレート)を外します。





5.IGNITORプレートを取り付けます。この時、まず長穴の中心がネジ穴の中心に来るように取り付けます。





6.配線取り出し穴に付属のゴムのグロメットをはめ込み、配線を取り出します。

 



7.こちらの配線方法のページに従って配線を行って下さい。


8.更に、Ignitorのベースプレートからバッテリーマイナス端子まで直接アースコードを引きます。ベースプレートを留めたネジに共締めで構いません。純正状態でのSのアース経路には潜在的に問題があり、エンジンが暖まりますと経路に抵抗値が発生し、トランジスターの動作に悪影響を与えエンストに繋がります。アースコードの端子がベースプレートに「直接」触れるように共締めし、ベースプレートからバッテリーマイナスまで完全に0Ωで繋がるよう、必ずこの処理を行って下さい。
※参考リンク・こちらをご覧下さい

9.この状態でエンジンをかけてみて、アイドリングが安定したらタイミングライトで点火タイミングをチェック、調整に入ります。

10.S600/800のデスビはシャフト/ローターアームが時計方向に廻るので、進角させたい場合はIGNITORプレートを反時計回りに、遅角させたい場合は時計回り方向に動かします。ポイントの時の点火タイミングとあまりにかけ離れている場合、モジュールの設置位置が間違っている可能性が高いので無理にタイミングを合わせようとせず、モジュールを正しい位置に移設して下さい。
  • 注意!クランクシャフトとデスビの回転数は2:1の関係にありますので、デスビ上で10度ずれるとクランクシャフト上では20度ずれることになります。大幅に動かしすぎるとクランクシャフトのマーキングがまったく見えないところに行ってしまう可能性がありますので、少しずつ動かして調整することを心掛けて下さい。
  • 注意!点火タイミング調整する際にはデスビキャップを外しているので勿論エンジンを止めるわけですが、この時イグニッションスイッチも必ずオフにして下さい。エンジン停止状態で電源が入り続けるとIGNITORが焼損する場合があります。エンジンが少しでも動いている状態(クランキング等)は長く続いても心配ありません。





配線方法は
こちら