Duccelierデスビ用IGNITOR・EP-141お取り付け方法

取り付けに際してのご注意



デスビキャップを開け、ローターを外す。



ポイントを外す。



と、このような景観に。



下に埋め込まれている樹脂パーツも外す。



これでIGNITORの取り付け準備が完了。



ポイントが刺さっていた支点軸をIGNITORの片側のパイプ足に差し込み
ポイントのギャップ調整ネジをゆるめ
ポイント受け側プレートでIGNITORを押し付けてネジで固定。



ポイントの信号線が通っていた穴にIGNITORの配線グロメットを通す。



シャフト上のポイントカムにマグネットスリーブを挿入する。



このような状態。マグネットスリーブとIGNITORモジュールとの隙間は0.7mmが
理想だが1.5mm以内であればそれほどシビアになる必用はありません。



ローターを取付けて完成です。





配線図はこちら

トップページへ戻る